食卓心理学

ビタミンCとメンタルヘルス

「朝起きられない」

「疲れがとれない」

「なんだかうつっぽい」

最近、こういった症状に悩む方が増えているように思います。

人はストレスを受けると、身体の中の栄養素がどんどん消費されていきます。

たとえば、ビタミンCは、日常的なストレスによって大量に消費されます。

副腎疲労という言葉をみなさんはご存知でしょうか?

副腎は左右の腎臓の上にある小さな器官ですが、その働きは重要かつ重大です。

ストレスを感じると、私たちは副腎からストレスに対抗するためにコルチゾールというホルモンを分泌します。

コルチゾールは、ストレスを感じる機会が多ければ、多いほど、ストレスの度合いが高ければ高いほど、多く分泌されるのですが、あまりにストレスが高い状態が続くと、副腎が疲れ果てて、その機能が低下してしまいます。これを副腎疲労といいます。

副腎疲労が起きると、「朝起きれない」「疲れがとれない」「うつっぽい」などの身体や心にさまざまな症状が出てきます。

副腎の代謝にかかわるビタミン・ミネラルの中でも最も重要なのがビタミンCです。

副腎でストレスに対抗するためのコルチゾールが作られるときも、ビタミンCは補酵素として働くため、ストレス過多になると、その多くが使われてしまいます。

なのでストレスに対抗するためには、ビタミンCをたくさん供給する必要があります。

では、ビタミンCを効果的に摂るにはどうすればいいのでしょうか?

ビタミンCの豊富な食物を想像して、

「フルーツだ!」と思った方は、少し立ち止まって下記の記事を読んでください。

フルーツの落とし穴「フルーツ」=「ヘルシー」? 「美容のために毎日フルーツを摂るようにしています!」 「手軽で美味しい毎朝のスムージーは欠...

たしかにフルーツはビタミンCが豊富です。しかし、上記記事で紹介したようにフルーツには太りやすいという特徴があるため、摂取する際には注意が必要です。

その他、ビタミンCは野菜からも摂ることができます。

ビタミンCを豊富に含む野菜は、

パプリカブロッコリーケールモロヘイヤなどがあげられます。

私は、ブロッコリーやパプリカを進んで食事に取り入れるようにしていますが、

「もっと手軽に摂りたい!」という方には、青汁(ケール)をオススメしています。

ただ、手っ取り早くビタミンCを摂りたいからといって、ビタミンCが配合された栄養ドリンク野菜ジュースを飲むことはオススメできません。

こうしたドリンクやジュースには砂糖が入っているだけでなく、そもそも液体に溶けるとビタミンCは壊れてしまうからです。

ビタミンCの摂取量と血液中濃度、体外排出を検討した研究では、200mg/日程度までは吸収率が90%あることがわかっていますので、一つの目安にしてみてください。

*摂取量が1g /日以上を超えると吸収率が50%以下となり、あまり効果がないことも解明されています。

ビタミンCは、食事から摂取しても、サプリメントから摂取しても、私たちの身体で使われる量は変わらないため、私はドラッグストアなどに売られているサプリメントを積極的に活用しています。

朝の目覚めがいいと「今日も一日頑張ろう!」という気持ちになりますよね。

ストレスの高い生活に身を置いている方や、パフォーマンスが下がっているという自覚がある方は、意識的にビタミンCを多く摂取するよう心がけてみませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です